ビードルみたいな虫を玄関のベンチでボーッとしながら観察してた

こんにちは、たいりんです。

今日はNetflixで海外ドラマを見て、部屋の掃除もして、買った本も読み終わったので、ボーッとしてました。

玄関の外に簡単に作った木のベンチがあり、そこに座って空を眺め、ゆっくりとした時間の流れを楽しんでいました。

(家に背もたれ、足を伸ばしてゆったりです。)

ボーッと庭を眺めたり、蝶々を目で追ってたりすると、何やら動くものを発見しました。

草むらから、野生のビードルっぽい小さなイモムシがニョキニョキ。

全長1センチ程で、ベビースター1本分くらいの大きさでしたが、元気に動いていました。

特にやることもなかったので、観察することに。

草むらから出てきて、コンクリートの上をせっせと進んでいくビードルにはアリが体当たりしまくります。

戦闘が始まるのかと思いきや、そうもならず、ただ体当たりしては別のルートで進んでいき、また別のアリが体当たりしては別のルートへ、という感じです。

野生ではバトルが盛んだと勘違いしていましたが、穏やかな野生もあるのだなと知れました。

ベンチに座りながらビードルを目で追うだけの観察をしていると、家の駐車場に男女の小学生が入ってきました。

車に隠れて見えなかったのか、私には気がつかずにワイワイ遊んでいました。

「今日もこの村は平和だな」

と思いながら、ビードルの観察を続行しました。

ビードルはテクテクとどんどん玄関の方へ進み、母がどっかで作ってきたシーサーに辿りつきました。

(このシーサー、我が家に何匹もいます。)

せっせと手作りシーサーに登る姿を見て、

「いや、その先には食べ物ないぞ・・・」

と心配する自分が。

背中まで登り、途中から尻尾の方へ。

尻尾の頂点まで登ると、

「あれ?この先は??」

みたいな感じでビードルはあたりをキョロキョロ。

諦めて下山。

そのあとは落ち葉の中に行ってしまい、見失いました。

クーラーで涼しい部屋に戻りたいな、とちょうど考えていた時期だったので、家の中に戻りました。

そして今、ブログを書いています。

月曜の夕方からこんな感じでのほほんとできるって幸せですね。

伝えたいことは特にないです。

今日はそんな感じです(⌒-⌒; )

ではまた!

スポンサーリンク