最近盛り上がってる「note」ってSNS知ってる?

こんにちは、バイト以外は家に引きこもってネットで遊んでいるたいりん(@tairin0602)です。

主に「dアニメストア」「NETFLIX」でアニメやドラマを見てるか、ツイッターをして遊んでいます。

沖縄県の読谷村という海と畑くらいしかない所で生まれ育ち、立派な田舎者となった私はネットが大好きです。

ネットの楽しい世界には田舎も都会もないですからねw(※田舎者コンプレックス

今日は私は最近盛り上がっているSNS、「note」を紹介いたします。

「noteくらい知ってるわ!!」

という方はごめんなさい。

「noteってどんなSNS?」

という方向けに書いていくので、気になる人は今日の記事を読んで頂きたく。

「note」の遊び方、できること。

note(ノート)は、文章、写真、イラスト、音楽、映像などを手軽に投稿できるクリエイターと読者をつなぐサービスです。ブログのように使うことも、SNSのように使うことも、 コンテンツを販売することも自在に活用いただけます。(noteより引用)

https://note.mu

ネットで検索すると、公式サイトの紹介文が出てきます。

無駄のない説明すぎて何も付け足せないですね(⌒-⌒; )

私のイメージで説明すると、

「ブログより手軽に発信できて、有益な記事(作品)は販売もできちゃうSNS」

という感じです。(※もちろん無料SNS)

今、様々なクリエイターさん達の間で流行っていて、ここで活動する人が増えてきています。

特に漫画家さんだったり、ライター、インフルエンサーと呼ばれる人達が盛んに遊んでいます。

主な遊び方は、クリエイターさんの作品を読んだり見たりすることです。

気になるクリエイターの方をフォローすることもできるので、noteでの活動を追うこともできます。

他にも、自分で文章を書いて、ブログのように活用もできます。

日記でもいいですし、ニュースなどに思ったことを書きなぐる記事を書くのもありです。

ツイッターの140文字では物足りない人にオススメです。

また、

「この考察、知識、ノウハウは有料レベルだぜ!」

と自分で判断して有料の記事にすることもできます。

英語の勉強法に自信がある人はオリジナルの勉強法を販売もできますし、今働いている業界にいるからこそ学べた知識・ノウハウを「note」で販売することも可能です。

買う人がいるかは置いといて、とにかく「売る」ことができます。

それが「note」の一番の特徴です。

もちろん無料でも沢山遊べます。

私も無料で遊びまくってます( ^ω^ )

登録も簡単で、ツイッター、フェイスブックのアカウントから簡単に登録できます。

それか、メールアドレスを持っていれば登録ができます。

「note」はこれからも楽しくなっていく。

私も最近使い始めたので超詳しく分析できたわけではないのですが、流行っている秘訣は

「作品を売る」

という事が非常に簡単だからだと思います。

漫画家さんなら雑誌や漫画アプリに頼らないでよく、自分の作品に興味のある人にだけに見てもらうだけで運営ができます。

無料の作品もあれば有料もありますが、大概最初の紹介作品くらいは無料だと思います。

無料の見て、作品をお金を払う価値がないと思えば払わなければ良いだけです。

「漫画」って検索するだけで無料の4コマ漫画とか出てくるので、軽い気持ちで「note」を使ってみるのもいいかなと思います。

「note」は敷居が低いので、これからもどんどん「楽しい」を生み出す人が集まってくるのではないかなと考えています。

普段は買うことのできない

「これを求めてた!!」

というマイナーな作品、クリエイターを応援できる良いSNSです。

何か得意なこと、世に出したい好きなことがある人も

「でも今更な・・・。」

なんて思わず、楽しそうなことにはどんどん飛びついた方がいいと思います!!

楽しくなかったらすぐ消せばいいだけです、「note」は無料のサービスなのでw

noteまとめ

私の知る範囲で簡単に説明しましたが、「note」はこんな感じです。

ネットで検索したらもっと詳しくわかりやすく説明してくれるサイトが沢山あると思います。

でも1番は、とりあえずさっさとやってみることでしょう。

「始めるのにお金がかかる」

というなら調べたいと思いますが、「note」は無料なのでやっちゃった方がすぐわかります。

興味のあるジャンルなので、誰の「note」が面白いかなどは検索して調べてみるのもいいかもですね。

他にも紹介したいSNSやネット上でのサービスは多くあるので、このブログで紹介していきます。

読んで頂きありがとうございます。

ではまた!!

スポンサーリンク