株式投資やFXで学んだ「塩漬け」「損切り」という考え方。

こんにちは、温暖な沖縄という環境で育ったたいりん(@tairin0602)です。

住みやすい環境で育ったので、我慢する力が著しく欠如しています。

沖縄のせいにするのは良くないですね、私の能力値が低いだけです。

今回は株やFXに取り組んで学んだことを紹介します。

具体的には、「塩漬け」「損切り」という2つの考え方です。

株やFXをしたキッカケ

もちろん、「楽して儲けたい」って考えたからです(⌒-⌒; )

一応、営業職をしていたので、お客さんとの会話で少しでも知的な部分を見せれたらなとも思ってました。

株式投資をやると、やってない時よりは日本の経済状況について勉強するようになるので、日経新聞とかも読んじゃいますw

FXは先輩がやってて、興味本位でやってみました。

そんな感じで投資を始めることになった私は、本屋さんで投資入門!みたいな本を書いました。

この記事に「どうやったら儲かるか!」みたいな話ではないです。

そういうのは本読んだり、株とかFX専門のブログをみた方がいいです。

今回はこの本で学んだ「塩漬け」と「損切り」という投資の考え方を紹介していきます。

株やFXでの学び①「塩漬け」

「塩漬け」について簡単に説明します。

例えば、株価が上がると予想したA社の株を10万円で買います。

1週間後、12万円になってました。

まだ上がりそうなので、売りません。

しかし、その12万円をピークに株価はどんどん下がり、7万円まで下がりました。

現状は3万円分損そしていますが、価格が上がるまで売らずに持ち続ければ、得をする可能性は全然あります。

なので、もっと損するかもしれないけど、得するかもしれないのでまだ売りません。

しかし、翌週も、その次の週も、6万、5万円と株の価値は下がり続けてしまいます。

7万円の時に売っていれば3万円の損失で済みましたが、もう5万円分の損をしています。

もうここまできたら絶対に価格が上がるまで「売らない」という選択をしてしまいます。

本当は「売らない」のではなく、「売れない」という精神状態です。

これ状況を「塩漬け」と言います。

明らかに損をしているとわかっていても、手放せない精神状態です。

※①塩漬けの説明のためにドンドン下がり続ける株の話をしましたが、本当にV字回復とかもあるので、この例が悪いパターンと一概に断言はできません。

※②株価は「世間の評価」で決まります。「まだ世間に評価されていないだけで、この会社は凄い」と後に株価が上昇すると自信を持っているなら、株価が下がっても売る必要はないと思います。

株やFXでの学び②「損切り」

「損切り」の説明をします。

損切りはイメージ通りだと思います。

まず自分の中でルールを決めます。

例えば、

■〇万円まで株の価格が下がったら売ろう

■株の価格が〇〇%まで下がった売ろう

とルールを決め、株を買います。

上がる予想が外れ、株が下がり出します。

回復して上がる可能性もありますが、最初に決めた売る基準の数値に達したら、感情を殺して売ります。

それが「損切り」です。

※逆に〇〇%儲けが出たら売る!というルールで売るタイミングを決めるのもありです。専門用語があった気がするけど、忘れました(⌒-⌒; )

売った後に盛り返すなんてこともあるでしょうが、もうそんなことは考えません。

もしかしたらその株は売らない方がよかったかもしれませんが、その考え方はいつか必ず塩漬け地獄にハマるらしいです。

「損切り」の利点は「塩漬け」回避だけじゃない

例えば、10万円で株を買います。

「8万まで下がったら売ろう」と損切りルールを決めておきます。

上がる予想が外れ、8万円まで下がったので売ります。

「もしかしたら上がるのではないか?」

という予想もあります。

そして、本当に回復して株の価格が12万円まで上がるかもしれません。

「やっぱり売らない方がよかったじゃん!!」

となるかもしれませんが、この12万円まで上昇するまで3ヶ月や半年かかったとします。

株などの投資では、これを良しとは考えません。※最初から長期保有というスタンスなら別です。

3ヶ月、半年も待つくらいなら8万円の時に「損切り」して、他の株に投資した方が儲かるチャンスが高い!

というスタンスが一般的です。

「なるほど〜」

と、私はこれを本を読んで知った時思いましたが、頭で理解するのと実践するのとはわけが違いました(⌒-⌒; )

「塩漬け」「損切り」の実践

「塩漬け」「損切り」という考え方を本を読んで知り、他にも株式投資のことふんわりと理解できたくらいの段階で、投資をスタートさせました。

1〜2週間やってみてわかりましたが、私のメンタルの弱さでは株式投資などができないな、という事です(⌒-⌒; )

ネット証券のアプリで株取引ができるのですが、仕事中ずっと気になってしまい、もう大変でしたw

うる覚えですが、+3,000円、+2,000円、−3,000円という感じで取引した記憶があります。

FXは興味本位でやっただけなので、1日しか体験しませんでしたが、夜中にやって5,000円くらい負けましたw

「頭の中で『塩漬け』はダメだ、『損切り』せねば」

とわかっていてもできない、という感じも多々ありました(⌒-⌒; )

そんな時に私がとった行動は

「よし、損切りだ。株式投資辞めよ」

というものでした。

今思えばですけど、やってて全然楽しくなかったんですよね。

その時は自分の精神力ではキツイなと思い辞めましたが、まぁ後悔のない判断です。

もっと粘り強く続けてたら・・・

という気持ちも少しはありますが、塩漬け地獄のパターンっぽいので、続けてなくてよかったと思います。

上手な人もいると思うので、気になる人は株式投資やFXもやってみるといいと思います。

100円単位の価格変動で一喜一憂してしまう雑魚メンタルだと知ることができ、私としてはいい勉強になりました。

興味のある人はすぐやった方がいいともいます。

悩んでる時間がもったいないです。

やってみないと向いてるかどうかなんてわかりません。

やってみたら簡単に成功するかもしれませんし、すぐ失敗するかもしれませんが、「どうしようかな?」って悩む時間は二度とありません。

失敗して、私のように辞めると決めたら、もう「株やってみようかな?」なんて考えることはありません。

株・FX以外にも使える!「損切り」の考え方!

ここでいつものメンターみたいなキモい発言してくんだけど、この「損切り」って考えは人生でも使えると思う。

超ザックリだけどさ、やりたくない事してる時間ってさ、損じゃない?

「転職した方が絶対にいいわぁ」

って思いながら転職しないの、「塩漬け」じゃないですか?

転職だったり、何かしらのアクションを起こしたら給料が減ってしまったりするかもしれません。

でも何もしないで5年・10年我慢したら何か変わるかもしれないって考えるの、「塩漬け」じゃないですかね?

もしかしたら5年とか10年我慢したら、本当に何か変わるかもしれないけど、その年月を我慢するのはもったいないのでは?と考えてみるのもいいと思います。

私は株式投資とかで何千円かの損失をだしました。

お金はバイトしたり、会社で働いたりしたら稼げました。

でも5年とか10年などの時間はもうどうやっても戻ってきません。

別に何をしたらいいよ!とかは人それぞれで言えませんが、とにかくやりたいようにやったらいいと思います。

何かを選択する時、「塩漬け」「損切り」の考えが少しでも誰かの役に立てばいいなぁと思い、今回紹介しました。

「そんな単語は知らんけど、普通にそう考えるだろ!!」

っていう方ばかりでしたら、お役に立てずすいません(⌒-⌒; )

もっと良い情報などを紹介できるよう頑張ります(⌒-⌒; )

ではまた!!

スポンサーリンク