吐き気を通り越し、出勤前に「嘔吐」するほど会社に行きたくない人がいるらしい。

こんにちは、毎日のほほんと過ごしているたいりん(@tairin0602)です。

出勤前に嘔吐したことありますか?

「吐き気」じゃないですよ、それを通り越した「嘔吐」です。

怖いですよね、私はないです(⌒-⌒; )

先日、SNSで大学生の知り合いからこういう連絡がきました。

「会社辞める前の前兆として、出勤前に吐き気とかありましたか?」

まだ大学生なのにどうしたんだろ?

と思いつつも、話を聞いてみました。

今日その話をブログに書きます。

※ブログに書く許可も貰いました

出勤前の吐き気

まず、質問の意図はよくわからないままでしたが、会社を辞める決断に至るまでに自分の体に起こった症状を話しました。

■出勤したくなさ過ぎて準備ができない

■出勤前に変な汗かく

■出勤前に吐き気と頭痛

■乗り換え駅ホームのベンチで体が動かなくなる

パッと思い出せた内容で答えました。

すると、

「それ以外にも何かなかったんですか!?」

と迫ってくるように即レス。

どうやら、今年から新社会人として働いている友達が毎朝出勤前に吐き気で苦しめられているそうです。

原因は「上司との人間関係が上手くいってない」というもの。

本当は「会社辞めて無職になっちゃえば?」と言いたかったのですが、さすがにそんな適当なことは言えないなと思い、

「吐き気ってヤバいから、転職したらいいと思う!」

というありきたりですが、現実的な意見を言いました。

あと、それに付け加えて、

「『吐き気は誰もが通る道』とか言ってくるキショい先輩社員はシカトで良いと思うよ〜」

健康を害してまで続ける意義がある仕事なんてそうそうないと思うので、こんな感じで会社を辞めることを止めてくる人は異常者だと思う、という私の考えを添えました。

そんなメッセージを送信した後に、「転職ってハードル高いのかも」という不安を感じたので、

「転職じゃなくとも、理由を説明して部署とか変えてもらえるんじゃないかな?」

という感じでハードル低めな対処方法も提案してみました。

ここまでのやりとりでは「新社会人の会社行きたくない病」のちょっと酷いバージョンかなぁと思って話を聞いていましたが、話はまだ終わりじゃありませんでした。

吐き気を超え「嘔吐」まで・・・

一通り私の意見を連続で送信し終えると、返事がきました。

「ずっと吐き気だけだったけど、今日は嘔吐してしまったらしい」

「部署移動も1年間はできず、我慢しないといけないらしい」

このメッセージを読んで「嘔吐!?ヤバすぎ」と思った私は、これは即辞めキメてもいいレベルだと感じました。

「それは限界超えちゃったんじゃない?俺は元気なうちに辞めたから、嘔吐まではしてないや」

「1年も耐えなくてもいいでしょ、吐いてまでしがみついた方がいい会社とかない」

「むしろどこの会社の色にも染まってない早いうちが良いって言ってくれる会社もあるだろうし、転職したら良いと思う」

「嘔吐」という単語が出てきて怖かったので、お節介おじさんのごとく意見を送りました。

てか実際にヤバくないですか、嘔吐って?

人生においてそんな症状出るまでストレスを感じたことがないので、話を聞いてると恐怖でした。

話はもう少しだけ続きました。

吐き気・嘔吐しても転職しない理由

「嘔吐」という症状が相当ヤバいとこの知り合いも感じたのでしょう。

それで、すでに「嫌なことから全逃げ」して会社を辞めちゃってる底辺の私にまで相談したのだと思います。

転職は知り合いも提案していたみたいですが、その友達曰く

「1年以内で辞めたら転職先がないから、1年は続けたい」

という考えがあるらしく、今は我慢を続けているらしいです。

なんかおかしいんじゃね?と思ったので、私の考えを送ってみました。

「そもそも1年勤務したかどうかを基準にしてる会社とかに転職しない方がいいんじゃね?」

「前職1年勤務が基準の転職先は今と似たような人間関係がその会社にもありそう」

という私のイメージだけで何も根拠のない意見を述べました。

転職事情が全然わからないのですが、1年勤務してないと転職ってできないんですか?

詳しく歴史を知っているわけではないですが、なんか古くないですか、その考え。

古いことが悪いとは思いませんが、今の時代にあってないと思います。

「勤務年数」が基準って、まさに「年功序列」の思考だと思うので、「年功序列がいい!」って人はその考え・基準で転職活動とかしたらいいのではないかな?と。

この知り合いとのやり取りも、

「『転職は前職1年勤務が絶対』という思考を考え直した方がいい」

ということでお互いに意見がまとまり、話は終わりました。

近いうちに友達を病院に連れていくらしいです。

私にはその友達さんの健康を願うことくらいしかできないので、家で引きこもってブログを書きながら願っときます。

結論を見てしまえばありきたりですが、その知り合いも誰かに相談という形で吐き出したかったんだろうなと思います。

一人で抱え込むのって苦しいですもんね。

「出勤前に吐き気・嘔吐したら」まとめ

人に物事を相談されることがない人生を歩んできたので、私としては結構ショッキングな内容でした。

病院のお世話になる前にストレスから全逃げをキメたので、「逃げた人」としての意見しか話せませんでしたが、それでも吐き出すことで少し気が楽になってくれたらいいな〜と思いました。

吐くのは友達とアホみたいにお酒飲みまくった時だけで十分です。

みんなが出勤前に吐き気に襲われないことを願ってます( ^ω^ )

ではまた!!

スポンサーリンク