なぜ宅建をとったのか。合格できた理由とか。【勉強法の動画もあるよ】

こんばんは、たいりん(@tairin0602)です。

私は2018年の宅地建物取引士の資格試験に独学で一発合格しました!!

独学で一発合格したので、少しでも誰かの参考になったり役に立てたら良いなと思い勉強法などを動画にしているのですが、予想外に宅建の動画を見てくれる人が多くて驚いています。

なので動画だけでなくブログでも宅建のことを書いていけたらな~と思い、今日から宅建のブログも書いていきます。

今回はまず「なぜ宅建を取ろうと思ったのか?」というテーマで書いていきます。

「理由なんてどうでもいい!!」

「今すぐ勉強法が知りたい!!」

という方は動画を見てね~

他にも宅建動画を投稿してるので、気になるか方はそちらもどうぞ〜

たいりんのYouTubeチャンネル

不労所得が欲しい

お恥ずかしながら、私は結構怠け者なので働くことがあまり好きではありません。

でも働かないとお金がなく生活ができないので、不労所得さえあればなぁと思いました。

いくつかある不労所得となりえそうな中から私が気になったのは「不動産収入」でした。

家賃収入が欲しい、働かないでも毎月お金稼ぎたい

そう考えた時、私の頭の中では宅建の資格が必要なのではないか?という考えが巡りました。

宅建の勉強を進めていくとわかるのですが、家賃収入などの不動産収入を得るために宅建の資格などいりません。

てか宅建の勉強をしなくともわかりそうなことですが、馬鹿だったので私はわかりませんでした。

思いたったら吉日、私はすぐ本屋さんで宅建の参考書と過去問集を買いました。

独学一発合格できた理由

ここからは私が宅建の試験に独学で一発合格できた理由を書きますね。

「合格を目指して勉強したから」

といえばそれまでですが、ここでは勉強を頑張る理由を構成していた思考回路の部分を説明します。

勉強のモチベーションはもちろん

「働きたくない(ドン!!」

でした。

勉強をしていくうちに不動産収入を得るために宅建の資格など別にいらないということはわかりましたが、それでも私は宅建の資格取得を目指しました。

理由は、宅建を持っていると持っていないでは、不動産収入に差ができるのではないか?と考えたからです。

私は普通に生活していてもちょいちょい損をしたり騙されそうになったりするので、不動産の知識がちょっとも無い状態で不動産収入などを目指すと大損する可能性が大きいなと判断しました。

宅建を取ったからといって不動産収入ですぐ成功できるとはもちろん思っていませんが、失敗するにしても経験値の上がり方が宅建の知識がある方が絶対に良いと思いました。

何より不動産をどうこうするだけの大きな資金を私は持っていないので、稼ぐなり貯めるなりで時間がかかります。

「どうせ時間がかかるならそれまで知識を蓄えておこう作戦」

です。

作戦が決まったら、あとはやるだけです。

合格するための対策を考え、実行しました。

要は沢山勉強しました。

合格できるように勉強したので、合格しました。

合格発表までの間・・・

10月下旬に宅建の試験があり、合否の発表は12月上旬です。

試験が終わったその日の自己採点では合格ラインでした。

しかし正式な発表までは1ヶ月以上の時間がありました。

合格発表まで何もしないのはもったいないなぁと考えるようになりました。

そこで、より不動産の知識を効率よく得る方法を考えた結果、実際に不動産業界で働くのが1番だろうと思った私は不動産業界に絞ってに就活を始めました。

・・・つづく。

不動産業界に絞って就活した話

スポンサーリンク