凡人のYouTube戦略論〜考え方編〜

凡人の皆さんこんばんは、凡人のたいりんです。

最近は様々な方が「YouTubeでどう稼ぐか」という内容をYouTubeに動画として投稿したり、ツイッターで呟いたり、noteやブログで記事にしたりしています。

私もユーチューバーなんでYouTube戦略論とかブログに書きます。

凡人な私の考えなので、凡人向けです。

世の中には頭が良い人のYouTube戦略論が多過ぎるので、凡人用の戦略論もあっていいですよね。

てかそれしか書けないです。

この類で私がよく目するのは

〇ヶ月でチャンネル登録者〇万人!にする方法

YouTubeで楽して毎月〇〇万円稼ぐ方法!

的な感じのものです。

残念ながら私はYouTubeでそういった経験がないのでインパクトがあることは書けないのですが、凡人な私なりに書けることを書こうと思います。

ちょっと前までは

「チャンネル登録者2,000人程度のユーチューバーが戦略論とか書いても誰も見ないよなぁ・・・」

と思ったりもしましたが

「いや、1人くらいは誰かの役に立つだろw」

と考えが変わったので書きます。

読者の対象は以下の通りです。

■YouTubeをやろうか検討中の方

■YouTubeに少し興味がある方

前置きは以上となります。

全部を一気に書くと長くなりすぎるので、今回は「考え方編」と題し、読み終わった時に「YouTubeなんて気軽にスタートしても収益化イケるな」と思ってもらえる内容が書けたらなと思います。

どうせ収益化できる

まずお伝えしたいのですが、どのジャンルでも自分なりに考えて動画投稿を続けてさえいれば、どうせ収益化できると思います。

もちろんYouTubeに規制されてる、または規制されそうなジャンルでの収益化は絶望的ですが、そうでもない限りどうせ収益化できます。

好きなことや得意なことを動画にするという戦略は王道ですが、そもそも動画にする程の好きな事や得意な事がない!という方が作る動画でも収益化は可能だと私は思っています。

動画投稿を続けてさえいればというのは、別に毎日投稿とかじゃなくていいです。

週に1回とか、月に2回でもいいと私は思ってます。

適当なノリでYouTubeを初めて、たまに動画出したりするくらいでいいんです。

最初から月に何万稼ぐ!!って意気込まなくても大丈夫です。

どうせ収益化できます。

もちろん投稿頻度や動画の質で収益化するまでのスピードは人それぞれだと思いますが、考えながら継続してたら遅かれ早かれ収益化はできると思います。

凡人の域を超え、最速で最高の結果を出したい方は、最速で最高の結果を出した方が書いたYouTube戦略論を探して読む、または動画を見る事をオススメします。

ここにそれは一切書いていません。

話を戻します。

私が思う一番大事なのは考え過ぎないでいいからさっさとスタートすることです。

自分でしっかり作戦を立て、YouTubeチャンネル作って作戦通り順調に収益化できる人はそもそもこの記事を読みません。

この記事を読んでいる方は私と同じで凡人中の凡人です。

なので賢いフリをせず、数撃ちゃ当たるだろくらいの気楽さでさっさとYouTubeをスタートさせちゃいましょう。

心構えはそんな感じです。

例外な人もいるかもですが、YouTubeチャンネルが収益化できないだけで借金とか背負う人はほぼいないです。

やりたい気持ちがあるなら、気軽にやっちゃいましょう。

マジでアイディアがない人へ

YouTube始めたいけど、ガチのマジでアイディアが浮かばないって方もいると思います。

その思い込みはやめましょう。

たぶん、めちゃくちゃ面白くて画期的でまだ誰もやっていないようなエゲツないアイディがが浮かばないだけです。

私たち凡人はすぐ何万再生とか月何十万円稼ごうみたいな考えをしちゃうので凄いアイディアを求めがちですが、落ち着いてください。

自分が凡人である事を思い出してください。

思いついた内容をすでにやっている人がいても気にしないで動画を作ってください。

凡人なのに最強のアイディアがひらめくのを待つのはやめましょう。

浮かびません。

浮かんだとしても、どうせ凡人は行動に移しません。

アイディアに価値を見出し過ぎてはいけません。

似たような動画があっても、似てるどころか上位互換のような動画があってもいいからさっさと動画を作って投稿しちゃいましょう。

トップユーチューバー様である方々の動画を見ると企画の面白さや編集の凄さに驚いちゃいますが、最初からあの完成度を目指すと一生スタートできません。

自分なりに考えて継続していれば、ゆっくりでも完成度はしっかり上がっていきます。

なので気楽に最近買った物のレビューでもいいし、政治に対する自分の考えでもいいし、しょうもない自己紹介動画でも何でもいいんです。

とにかく1つ動画を作ってみましょう。

凡人の方には数撃ちゃ当たる戦法を強くオススメします。

私も凡人なので、最初は数撃ちゃ当たる戦法でした。

まだ凡人なので今も数撃ちゃ当たる戦法です。

「お前は宅建動画がちょっと当たっただけだろ、調子に乗るな」

という声が少し聞こえてきますが、反論できないくらいその通りです。

てかそんなもんで良くないか?と思います。

凡人らしい戦い方だと思います。

逆に再現性が高いと思ったので今ブログを使って日本中の凡人に発信しています。

正直、私がYouTubeを始めた頃は宅建の動画を多く投稿する未来は想像できていませんでした。

覚えているのは

「数撃ってちょっとでも当たったらその動画を出しまくろ!」

というものです。

何もない私は無策に近い数撃ちゃ当たる戦法でしたが、すでにどんな動画が出したいなぁなど薄っすらでもイメージができてる方は素晴らしいです。

画期的な面白いアイディアを待たないで、自分に作れる動画を出来る範囲で楽しく続けていくことをオススメします。

周りの目や評価が気になる人へ

これに関しては凡人とか関係ないですが、しょーもない事を言ってくる人は無視しましょう。

もちろん現実世界で対面している人を本当に無視したら気まづいので、その時は適当に流しましょう。

YouTubeを始めると「どう?儲かってる?」という質問をよくされます。

チャンネル登録者が一桁とか二桁で明らかに収益化してないってわかりそうなのに質問してくる人がいます。

何も知らず純粋な知的好奇心で聞いてくる方は別にいいのですが、儲からないのにやる意味ある?ってマウントを取りたくて聞いてくる人は相手にしても時間の無駄なので無視しましょう。

他にも、質問されたから答えたのに

「本当にそんな内容で収益化出来るの?」

「もう古くない?」

「そのジャンルで勝てるの?」

というしょーもないこと言ってくる人は意外と多いです。

喧嘩をしたくないので、「普通に稼げる未来見えるけど?」とあーだこーだ言って論理的に反論したい気持ちをいつも私は抑えていました。

するとストレスが溜まります。

この類のことを言われた時に心が少し楽になる私の思考法を教えます。

「こいつ頭悪いんだなw」

と思うことです。

本当その人が頭悪いとかではなく、そう思うと楽なのでそうするのがオススメです。

でも実際に少し頭が悪いと思います。

それか、大して何も考えないで発言していると思っていいでしょう。

なぜかというと、YouTubeはトップまたはトップクラスのチャンネルにならないと収益化できないってルールではないからです。

少なくともこれを書いている現時点の収益化条件ではそうです。

そもそも特定のジャンルで1位2位にならないといけないビジネスモデルではないです、YouTubeは。

ロングテール戦略(※1)というものがありますが、それに似た事を凡人がネットを使ってお金を稼ぐ手段として打って付けなのがYouTubeです。

例えば、全然面白く感じない、大衆ウケどころかハウトゥ系でもない、誰が見るんだこれ?って思うような動画を多く投稿しているのに収益化できてるチャンネルに出会ったことはないでしょうか?

私はあります。

それがロングテール戦略的な事を体現している収益化チャンネルです。

何でこんなつまらん動画ばかりのチャンネルが収益化してるんだ?という場面に私は何度も出会います。

どうして収益化しているのか?

ちょっと考えるとすごく簡単です。

答えは「見る人がいるから」です。

当たり前な答えですみません。

でもそれ以外がないのです。

自分が面白くない、しょーもない動画だなと思っても、それを面白いと感じる人は世の中に沢山いるということです。

もちろん、自分と同じように面白くないと感じる人が沢山、てか大多数が酷評、しょうもないチャンネルと評価したとしても、収益化の条件くらいはクリアできるという事の証明です。

ネットを使って日本中の人が対象となるYouTubeにおいて、しょーもない動画でも改善を意識して続けていればファンができ、収益化する可能性は十分にあります。

YouTubeだからって世界中が対象とか思ってません。

世界を舞台に活躍したい気持ちはわかりますが、背伸びした妄想を展開するのは一旦やめましょう。

凡人から進化して天才や一流、または何か一芸を身につけたら世界に羽ばたいてください。

話が変な方向になっちゃったので戻します。

要は他人に悪口を言われて落ち込む必要はありません。

人間なので100%落ち込まないってのは出来ないと思いますので、先ほど書いたように「こいつ頭悪いんだなw」と思って忘れちゃいましょう。

補足ですが、批判は動画の質向上の材料になったりするので参考にしましょう。

批判を装った悪意が見え隠れする類のものは無視しましょう。

※1:カッコいい単語使ってみたくて使いました。間違った使い方だったらごめんなさい。

黒歴史になるのが怖い人へ

考え方編の最後になりますが、ここは至ってシンプルです。

顔出しをしなくとも、YouTubeで失敗して黒歴史となるのが怖いという考えがありますよね。

凡人の事なんて誰も気にしないので恥ずかしがらなくていいです。

自分の中では恥ずかしくても、凡人の失敗が目立つ事なんてあまりないです。

凡人の失敗なんてそこら中で起きてます。

逆に目立てる失敗をできる方が凄いです、それについての動画を出したら収益化に近づけると思います。

炎上ってのがありますが、それはYouTubeに限らず悪目立ち戦法を選択した時点で黒歴史化を覚悟することなので例外です。

それでも、どうしても黒歴史化が怖いという方は怖くなくなるまで待ちましょう。

いつか考えが変わるかもしれません。

まとめ

長々と書いてしまいましたが、要はYouTubeを始めたいならさっさとスタートしちゃえばいいじゃん、という事です。

思い当たる「やらない理由」を排除する内容を書きました。

YouTubeに限らず、やりたいなぁと思ったらサッサとやるべきです。

楽しくなかったらサッサと辞めればいいだけです。

天才だったり努力家でもない私たち凡人は、凡人なりに楽しく生きていけるよう気楽に遊んでいきましょう。

これにて凡人のYouTube戦略論~考え方編~は終わりです。

ではまた次の記事で会いましょう!

バイバイ!

スポンサーリンク